トラウマ※恐怖症の克服方法@WEB

あなたは過去のトラウマで密かに悩んでいませんか?

実はトラウマを抱えている人の数は少なくありません。正式名称は「心的外傷後ストレス障害」もしくは「外傷性神経障害」と呼びますが、近年では「心的外傷後ストレス障害」よりも「PTSD(心理的外傷後ストレス障害)」と呼ばれることが一般的です。

人生を長く過ごせば、子供頃だけではなく、大人になってもトラウマとなる出来事に多く出くわす可能性があります。

ところで、どうしてトラウマと言うのかと云えば・・・

トラウマを克服したいと思う気持ちは、悩みを抱えている人には深刻です。そのようなことがなければもっと人生を楽しめたかもしれないのにって感じた人もいるでしょう。

では、トラウマを克服するためにはどうしたらいいのでしょうか?

その原因は人によって様々です。また状態も人によって異なってきます。

原因となった対象物(者)を見たり、対象場所に行ったときに鮮明に思い出すフラッシュバック現象を克服したいと思っている人もいれば、眠ろうとした時に思い出して眠れなかったり、眠れたとしても悪夢として見続けてしまい睡眠で悩んで克服したいと思っている人もいます。

あなたは小学生や中学生の頃にクラスの誰かをいじめたことありませんか?また今、職場で気に入らないからと云って職場でいじめをしたりしていませんか?

いじめはいじめている側にとってはちょっとしたお遊びと思うかもしれませんが、いじめを受けている側にとっては遊びだなんて思ってはいません。

クラスの中で無視をした、靴に画鋲を入れた、黒板に悪口を書いた、持ち物を捨てたことなど若気の至り、なんて簡単な言葉で片付けることはできません。いじめを受けた側にとっては大きな心の傷となり、トラウマとなっていることが多いのです。

トラウマは別名PTSD(心的外傷後ストレス)と呼ばれる精神的な病気のひとつです。

そのため、自分の力で克服できることもあれば、自分では克服できないケースもあります。特に幼少期の頃の両親からの虐待や、犯罪の被害者になった時、大震災などの自然災害など、予期もしない出来事でのトラウマの場合、なかなか時間の経過だけでは克服することは難しくなります。

例えば、子供時代に義理の父親から熱湯をかけられた、理由もなく殴られたなど、虐待を受けた子供の心には大きな傷跡になりますが、それを「時間をかければ改善するでしょう」と云うのは酷なことです。

自分で克服できないトラウマは、病院や医師の力を借りて治療をすることで改善、または和らげることができることがありますが費用や時間がかなりかかることが難点です。

尚、最近では、凶悪化する犯罪などでPTSDという言葉がマスメディアや雑誌でも非常に多く見かけるようになりましたが、良く知られているトラウマの一般的な治療方法は主に2種類あります。

月別アーカイブ

このサイトを購読する